施術法で費用は異なる

女性

糸で留める方法と切開法

二重整形は、最も人気のある美容整形の一つです。気になるのは費用の相場ですが、二重整形には大きく2つの施術法があり、どちらを選ぶかによってかかる費用も異なります。メスを使わず手軽にできる埋没法は5万円から10万円、切開して縫合する切開法なら10万円から20万円が相場です。埋没法は二重の幅のやり直しがきくものの、糸で留めているだけなので取れる可能性があり、切開法は小さなキズは残るものの半永久的な効果があります。施術方法に関わらず、二重整形をした人の口コミでの評価は高く、満足しているとの声が多くあがっています。特に埋没法は、10分から15分という短い時間で施術が完了するため、手軽に理想の瞳になれると好評価を得ています。ダウンタイムの時間も短く、週末に施術を受ければ、月曜日には目の周りの腫れをそれほど気にせずに学校や会社に行けるとのことです。切開法の場合は、腫れがひくまでに1週間ほどかかります。また、施術を受けるクリニックの情報などは、口コミで調べている人が多いようです。埋没法と切開法のそれぞれの二重になる仕組みは異なります。埋没法は、二重の襞を作った後、まぶたの裏側から糸で留めるというシンプルな方法です。気に入らない場合は糸をとって再びやり直すことができるので、安心感がある整形方法ともいえます。ほとんどの人が埋没法で整形を行っており、口コミでも満足しているという声が多くあがっている施術です。切開法は、二重の幅でまぶたを切開した後、縫合してラインを作るという方法となります。1センチぐらい切開するので傷は少し残りますが、メイクで隠せるぐらいの小さなものです。一度施術をするとやり直すことはできないので、どれぐらいの幅にしたいのか明確に決めてから施術を受けるのが賢明です。口コミでは、埋没法のように糸が切れて突然一重に戻る心配がないので安心だという声が聞かれます。また、幅広の平行二重にもできるので、ハーフのようにぱっちりした瞳になれたと喜ぶ声も多いようです。料金は高くなりますが、安定感のある二重になることができます。

Copyright© 2018 口コミで話題の二重整形で変わろう【確かな腕のドクターにかかる】 All Rights Reserved.