両目のバランスを整える

医者と看護師

埋没法の特徴をチェック

生まれつき両目が二重まぶたという人もいれば、片方の目だけラインが狭かったり一重だという人も少なくありません。片方だけまぶたの状態が違うと目の大きさも異なりますし、左右非対称な目元によって顔全体の印象も大きく変わってしまいます。左右非対称の目元がコンプレックスで、アイプチなどを使いメイクでラインを作っているケースも少なくないようです。ただ、メイクで作ったラインは化粧を落とすと消えてしまいますし、やはりスッピンのときでも自分の顔に自信を持ちたいものです。左右非対称の目元がコンプレックスという人の中には、口コミでも人気の二重整形を受けてバランスと整える人が増えています。二重整形を受けることで両目ともキレイな二重のラインができ、目元はもちろん顔全体の印象も整って見えるようになります。ただ、ラインを左右対称に合わせて作るのは高い技術が必要となるので、このようなケースで二重整形を受けたい場合は、口コミでも評判の美容外科クリニックを選ぶようにしましょう。二重整形の中でも気軽に施術が受けられる、顔にメスを入れなくて済むから安心と口コミで人気なのが埋没法です。埋没法は専用の糸でまぶたや筋肉を縫いとめて、目を開けたときに二重のラインができるようにするプチ整形のことを言います。施術時間も短くダウンタイムの心配もさほどないということから、若い世代から大人の女性まで幅広い年代の女性に埋没法は口コミで広がっています。埋没法はまぶたを糸で留める数によって、一点留めや三点留めと呼び名が異なるのですが、よりラインを長持ちさせたいなら三点留めがおすすめです。一点留めでも問題なくラインを維持できる人もいるのですが、まぶたが厚い人の場合は数か月程度で取れてしまうことがあるようです。一点留めは文字通りまぶたを一か所のみ留める施術で、三点留めは合計三か所を留めて二重のラインを作ります。一か所よりも三か所まぶたを固定したほうが、よりラインが取れにくくなるので比較的、施術の効果が長続きするようです。まずはクリニックを受診して埋没法でもラインがつくれるまぶたか、そして一点留めと三点留めどちらを選べば良いのか相談してみることをおすすめします。

Copyright© 2018 口コミで話題の二重整形で変わろう【確かな腕のドクターにかかる】 All Rights Reserved.